医師

コンプレックスを解消する

顔を触る人

美容整形外科の施術法

現在、小顔になりたいと願っている女性は多いです。特に、顔の輪郭を構成している要素で、エラなどのフェイスラインが気になるというという人もいるでしょう。このように、エラが張ってしまうと輪郭が大きく見えてしまいます。それに伴って、顔も大きく見えてしまうのです。これにより悩みを抱えてしまう人は少なくありません。そんな時は、美容整形外科に相談すると良いです。ここでは、小顔になるための施術を行ってくれます。まず、代表的なものでボトックス注射というものがあります。このボトックスとは、たんぱく質の一種であり、筋肉の動きを弱める作用があります。そして、ボトックス注射は、この作用を使いエラの筋肉に注射することで、筋肉を細くする治療です。これにより、顎がシャープなVラインになり、小顔になることができます。そのため、エラが張っていて、顔が大きく見えてしまう人向けの施術方法です。また、メスを使わない施術なので、皮膚にあまり負担はかかりません。また、施術をするときの痛みを心配する方もいるかもしれませんが、施術前に麻酔クリームを患部に塗ってあるため、痛みをほとんど感じることなく治療することが出来ます。さらに、ほとんどの医院では、通常より、かなり細い注射針を使用して施術をするので安心です。そして、施術はおよそ2分ら5分くらいで終了し、その後から、普段どおりの日常生活ができます。そのため、施術を行った当日から、メイクをしたり、シャワーを浴びたり、洗顔をするといったことが可能です。そして、このボトックス治療を受けた人のほとんどが、治療後4日後くらいから効果が見られ始め、9日間程度で分かりやすく小顔を実感することができるようになります。また、人によって個人差はありますが、効果は6ヶ月から1年くらい続きます。さらに、ボトックス注射を何回もすることで、持続する期間が長くなり、徐々に筋肉も縮小していくのです。このようにボトックス注射は、皮膚を切らない施術法なため、比較的手軽に行えるので人気を集めています。そのため、小顔になりたい人は美容整形外科に行ってみると良いです。